マーケティング1・2論(2018年春学期)の試験は、以下の三問から一問を選び、解答していただきます。



 
 

 
1.    昨年のいわゆる「ヒット商品」の中で、長期的なライフサイクルを獲得しうる製品を挙げ、その理由を「ベネフィット」と「ユーティリティ」の差異の観点、
もしくは消費者が認識する本質的な新しさの観点から分析しなさい。
 
 
 
2.   百貨店という業態の地盤沈下がとまらない。ネット通販に代替されているとされる、かつて消費者に対して提供してきた「品揃え」という価値が
生き残っている部分はどこなのか、そこが発揮する集客力は何なのか、論じなさい。
 
 
 
3.  深夜帯に放送されているテレビアニメ。作品のメッセージ性と波及して生み出される効果を想定した時、商業作品としてはどのような
視聴者を対象に制作され、提供企業はどのような思惑でスポンサーとなっているのだろうか。「市場」の観点から論じなさい。
 
 
 
 
 

 テキスト、参考書は指定しません。

 試験の持込みは、全て可とします。

 ペン書き、解答用紙表面のみ使用。


 return to lecture page
 

updated 18-07-13